ハチミツとクローバー 第4話 視聴率

テレビドラマ ハチミツとクローバー 第4話 視聴率

視聴率 = 9.5%

1/29(火)放映の第4話の視聴率です。


テレビドラマ ハチミツとクローバー 第4話 『聖夜に届く、涙の告白』 あらすじ

クリスマスシーズンを迎え、浜田山商店街も活気づいていた。はぐみ(成海璃子)は、あゆみ(原田夏希)とともに、商店街のイベントスペースで手伝いをする。竹本(生田斗真)と森田(成宮寛貴)も狩り出され、それぞれトナカイとサンタクロースの扮装をさせられていた。そこに、あゆみの父で、商店街の自治会長を務めている大五郎(泉谷しげる)がやってきて、森田がデザインした特製のスタッフジャンパーにケチをつける。竹本は、つかみ合いになった森田と大五郎の間に割って入ろうとした。が、逆にふたりから反撃されてしまった竹本は、逃げようとして積んであった商品の焼酎を割ってしまう。

花本(村上淳)の研究室に戻った竹本は、焼酎の請求書を見て愕然となる。竹本が割ってしまったのは、滅多に手に入らない幻の焼酎だという。大五郎は、竹本が支払えないなら、自分の酒店でアルバイトをさせるつもりでいた。

するとそこに、真山(向井理)がやってくる。真山は、空腹を訴えるはぐみたちに、自分がおごるから、と言って出前を取るよう指示した。森田は、そんな真山に「大好き!」と叫んで抱きつく。竹本とはぐみも、森田のマネをして同じように抱きついたが、あゆみだけは躊躇して抱きつけずにいた。それを見た森田は、あゆみに向かって真山を突き飛ばした。森田たちは、抱き合うようにしてソファーに倒れたあゆみと真山に、次々とのしかかった。あゆみは、一番下でつぶされながらも、目の前にいる真山の姿に動揺を隠せなかった。

食事を終えたはぐみは、ふいに森田から、美術展に作品を出していない理由を問われる。校内展ではぐみに負けた森田は、そのリベンジをするつもりで美術展に作品を出していたのだ。が、実ははぐみは、ある理由からスランプに陥り、絵が描けなくなっていた。それを知る花本は、はぐみには自らの力でこのスランプを乗り切ってほしいと願っていた。

あくる日から竹本は、大五郎の店でアルバイトを始める。幼いころからクリスマスが苦手で、いつもこの時期は無為に過ごしていた竹本は、仕事があることにむしろホッとしているようだった。

一方、あゆみは、真山から作品を借りたいといわれていた。真山が働いている藤原デザイン事務所が手がけた店舗で、陶芸品が必要なのだという。あゆみの作品を見た藤原デザインの美和子(滝沢沙織)や野宮(柏原崇)は、彼女のセンスを認め、仕事を頼むことにする。真山は、さっそくあゆみに連絡を入れ、事務所まで来てほしい、と彼女に頼んだ。

夜、竹本が寝付けずにいると、部屋にサンタクロースが入ってきた。その正体は、ローマイヤ先輩(木村祐一)だ。ローマイヤは、竹本が中庭のクリスマスツリーにぶらさげた短冊を見て、プレゼントの時計を用意していた。が、それは、竹本が欲しかった腕時計ではなく、大きなハト時計だった。驚いた竹本と目が合ってしまったローマイヤは、何も言わずに窓から外に出て行った。

あくる日も竹本は大五郎の仕事を手伝って配達に行った。大五郎は、そんな竹本に、クリスマスとカラオケは似ている、と告げた。クリスマスもカラオケも、楽しもうと思ったら自分から参加しないとダメだ、というのだ。大五郎は、あゆみからのダメ出しにもめげずに、毎年、彼女のためにクリスマスプレゼントを用意しているのだという。大五郎は、竹本にアルバイト料を渡すと、パーッと遊んで来い、告げた。竹本は、その金ではぐみへのクリスマスプレゼントを買った。

同じころ、研究室に入ろうとしたはぐみは、花本と教授の大神(高橋ひとみ)の会話を偶然聞いてしまう。花本は、はぐみがコンクールに出品していないことで、大神から監督責任を問われていた。しかし花本は、締め切りに間に合わせて描く絵に意味はあるのかと大神に返す。「彼女の向き合うべきことは、いまは絵ではないのかもしれない。でも助けてやることもできない。自分の中にある壁は自分で壊すしかないんです」。はぐみは、そんな花本の言葉をただ黙って聞いていた。

あゆみは、藤原デザイン事務所を訪ねていた。が、そこに真山の姿はなかった。美和子たちとの打ち合わせを済ませたあゆみは、真山のデスクに、栄養ドリンクと小さなプレゼントを置いた。

同じころ、野宮に頼まれて印刷所に行っていた真山は、その帰り、宝石店でバングルを買い、理花(瀬戸朝香)の事務所を訪ねる。真山がドアノブにそれを掛けて帰ろうとすると、ちょうどそこに理花が帰ってきた。理花は、就職が決まった真山のことを励ますと、部屋に入ろうとした。そんな理花に、真山は、また理花のところに戻ってくるために頑張る、と告げる。

竹本は、はぐみにプレゼントを渡すために、花本の研究室を訪れた。が、ちょうどはぐみは出かけるところだった。竹本は、何故かはぐみにプレゼントを手渡すことができなかった。

はぐみが向かったのは、森田がいる美術館だった。そこで森田に出会ったはぐみは、自分の思いを彼に告げた。絵を描こうとしても森田のことが頭から離れないこと…。そして、このまま怖がって逃げていたらずっと絵を描けないままだと気づいたこと…。

「私、森田さんのことが、好きです」。

はぐみは、そう森田に告白した。すると森田は、館内に飾られた作品を見つめながら、近い将来この中のひとりになる、と言い出す。森田が本気でそう思うようになったのは、はぐみの絵に出合ったからだった。「オレとお前は、ずっとライバルだからな」。森田は、はぐみにそう言って微笑んだ。

あくる日、竹本は、ひどい二日酔いで目を覚ます。そのとき竹本は、靴下の中に短冊が入っていることに気づく。そこには「ニューヨークに行ってくる」という森田からのメッセージと、彼の時計が入っていた。

部屋を飛び出した竹本は、バスターミナルで、美術商の寺登(前川泰之)と一緒にいる森田の姿を見つける。森田は、寺登とマネージメント契約を交わして、ニューヨークに行くことを決めたのだった。竹本は、はぐみの気持ちはどうするのか、と森田に尋ねた。森田は、そんな竹本を抱きしめると、「また会おうな」と言い残してバスに乗り込んでしまう。

竹本は、浜田山美大に向い、森田がニューヨークに旅立ってしまうことをはぐみに告げた。はぐみは、絵を描いていた。森田のことを止めなくてもいいのか、と竹本に言われたはぐみは、「アメリカで、思い切りやりたいことをやってきてほしい」と答えると、再びキャンバスに向かい始める。竹本は、その姿をただ見つめることしかできず…。


ハチミツとクローバー 第1話 視聴率
ハチミツとクローバー 第2話 視聴率
ハチミツとクローバー 第3話 視聴率
ハチミツとクローバー 第4話 視聴率


テレビドラマ視聴率ランキング トップページへ

ハチミツとクローバー 第3話 視聴率

テレビドラマ ハチミツとクローバー 第3話 視聴率

視聴率 = 9.8%

1/22(火)放映の第3話の視聴率です。


テレビドラマ ハチミツとクローバー 第3話 『夏、花火と散った片思い』 あらすじ

夏休みを利用して長野に帰省していたはぐみ(成海璃子)が東京に戻ってきた。何もすることがなく、アパートの自室で怠惰な時間を過ごしていた竹本(生田斗真)は、土産に買ってきたそばを一緒に食べよう、とはぐみに誘われ、大喜びで花本(村上淳)の研究室へと急いた。部屋を出るとき、竹本はゴミ箱に捨てようとした花火大会のチラシを拾うと、それをポケットに入れた。

竹本よりひと足先に浜田山美大に着いたはぐみは、そこで彫刻を製作していた森田(成宮寛貴)を見つける。慌ててその場から逃げようとして転んでしまうはぐみ。みんなと一緒に海に行ったとき、森田にいきなりキスされてしまったはぐみは、彼の姿を見ただけで動揺してしまったのだ。そんなことはおかまいなしに、作業を中断して散らばった荷物を拾ってやった森田は、はぐみが商店街でもらってきた花火大会のチラシに気づくと、学内に花火がキレイに見える場所があるから来い、と彼女を誘った。しかしはぐみは、どう返事をすればいいのかわからず、何も言わずに走り去ってしまう。

竹本が研究室に着くと、そこにははぐみだけでなく、あゆみ(原田夏希)の姿もあった。はぐみがあゆみにも電話して誘っていたのだ。するとそこに、用事があって大学にやってきた真山(向井理)や森田までもが合流し、結局、みんなでそばを食べることになった。その際、森田は、はぐみがぼんやりしていることに気づき、またキスしちゃうぞ、などと言ってからかった。森田がはぐみにキスしたことを知らなかったあゆみと真山は、その言葉に敏感に反応した。竹本は、はぐみを庇うために慌てて何とかその場を取り繕おうとした。その姿を見た森田は、竹本がはぐみに恋していることを見抜く。

そんな折、竹本たちのアパートに、藤原デザイン事務所の美和子(滝沢沙織)がやってきた。美和子は、真山をスカウトしようと思ってやってきたのだ。しかし真山は、美和子の誘いをあっさりと断ってしまう。

同じころ、あゆみは、実家の縁側でじっとプランターを見つめていた。茎が途中から折れていた。そこにやってきた大五郎(泉谷しげる)は、ダメになったところはさっさと摘まないと新しいのが生えてこないんだよ、とあゆみに告げる。

あくる日、あゆみは、大学の掲示板の前で真山を見つける。真山は、リクルート関連の告知を見ているようだった。あゆみは、一瞬戸惑いながらも、真山に声をかけた。「いつまでもダラダラしてないで、私を見習ってスパッと答えを出しなさよ」と、真山に告げるあゆみ。彼女は、すでに大学院に進むことを決めていた。真山は、そんなあゆみに、「お前みたいにあっさり決められないよ」と返した。するとあゆみは、ダメだとわかっていることは追いかけないことに決めた、と笑顔を作って返した。「恋愛も、グズグズしてたら次のチャンス逃しちゃうでしょ?いつまでも真山のことばっかり見てられないからさ…。真山も頑張ってね」。あゆみは、そう言うと、涙をこらえながらその場を立ち去った。

別の日、竹本は、花本にアルバイトを頼まれ、大学から理花(瀬戸朝香)の事務所までイスを届けにいく。同じころ、画材を買いに行こうとしていたはぐみは、森田に出会う。良い店を教える代わりに何か奢ってほしい、と半ば強引にはぐみについていく森田。車から、はぐみと森田が一緒に歩いている姿を目撃した竹本は、動揺を抑えられなかった。

慌てて作業を終えた竹本は、花本と理花の会話を聞いてしまう。花本によれば、真山は理花から声をかけてもらえるのを待っているらしかった。

森田と一緒に画材店で買い物をしたはぐみは、たこ焼きの屋台に立ち寄った。そこで、たこ焼きの味をめぐって森田と店員が言い争っている間に、はぐみは、その場を立ち去ってしまう。

大学に戻ったはぐみは、何故か素振りをしているあゆみの姿を見つける。元気が出ないときは素振りが一番だ、というあゆみに、「弟子にしてください」といって一緒にバットを振るはぐみ。そこに、庄田(松重豊)がやってきて、仲間に入れてほしい、とはぐみたちに言うと、バットを振り始めた。庄田の妻が昨日から帰ってこないのだという。はぐみたちは、唖然とするばかりだった。

その夜、竹本たちは、ローマイヤ先輩(木村祐一)から大量のスイカをもらう。さっそく、竹本の部屋でスイカ割りを始める一同。ローマイヤいわく、スイカ割りと恋は似ているのだという。が、結局、部屋中スイカまみれにされてしまった竹本は、森田たちへの怒りが収まらない。森田は、そんな竹本に、はぐみと一緒に花火が見られるようセッティングしておいた、と告げる。

一方、はぐみは、あゆみの家で食事をご馳走になっていた。そこではぐみは、森田と買い物に行ったが一緒にいるだけで苦しくなって早く帰りたかった、と告白する。それを聞いた大五郎は、笑いながら、それは恋だとはぐみに言うと、花火大会の日、手伝いにくるよう告げた。

花火大会当日、真山は、花本の元を訪れて文句を言った。真山は、竹本に代わって、自分が理花のところに行きたかったのだ。すると花本は、理花が夫を亡くしたときの話を始めた。理花の夫は、出張の日、彼女が火傷したために病院まで付き添い、予定していた便に乗れなかったために、飛行機事故に遭遇したのだという。花本は、いまも自分を責め続けている理花を支えるためにはどうすればいいか、もう少し考えた方がいい、と真山に告げた。

真山は、藤原デザイン事務所を訪れると、ここで働かせてほしい、と頼んだ。デザイナーの野宮(柏原崇)は、そんな真山の変心ぶりを厳しく非難した。それでも必死に頭を下げる真山。すると美和子は、野宮を制して、真山が働くのを許可した。

竹本は、洋品店で浴衣を購入し、花火大会に出かけた。浴衣に着替えたはぐみとあゆみは、大五郎や商店街の若い衆とともに花火を楽しんでいた。

はぐみは、あゆみに誘われて、1年に1度しか店を出さないという美味しいたこ焼きの屋台を訪れた。それはローマイヤの店だった。ローマイヤは、「冷めたたこ焼きは愛をも醒ます。熱々を食べさせてあげてください」といって、あゆみにたこ焼きを手渡す。が、戻ろうとしたそのとき、買ったばかりのたこ焼きのパックを見つめていたはぐみは、それを持ったままいきなりどこかへ向かって走り出す。

仕方なく、ひとりで家に戻ろうとしたあゆみは、そこで真山に声をかけられる。「浴衣似あうんだな」。真山は、あゆみにそう言った。家に戻ったあゆみは、「やっぱり諦めることなんでできない」と、プランターの前で号泣した。

はぐみが向かったのは、森田と約束した場所だった。そこで森田の姿を見つけるはぐみ。しかし森田は、先にきていた竹本を呼び寄せると、ふたりを残してその場から立ち去ってしまう。はぐみは、竹本が声をかけても、森田が消えていった方向を見つめたまま、じっと動かず…。


テレビドラマ視聴率ランキング トップページへ

ハチミツとクローバー 第2話 視聴率

テレビドラマ ハチミツとクローバー 第2話 視聴率

視聴率 = 10.0%

1/15(火)放映の第2話の視聴率です。


テレビドラマ ハチミツとクローバー 第2話 『福引であてた海と涙とキス』 あらすじ

はぐみ(成海璃子)が浜田山美術大学に入学して1ヵ月が過ぎた。ある日、はぐみは、授業でヌードモデルのデッサンをする。竹本(生田斗真)は、森田(成宮寛貴)と真山(向井理)にジャンケンで負け、はぐみたちがデッサンをしている教室に置かれていた騎士の甲冑に入り込む。するとそのとき、非常ベルが鳴り響いた。森田たちの仕業だった。慌てた竹本は、学生たちと一緒になって出口へと向かおうとした。が、鎧の騎士が突然動き出したことで、教室内はパニックに陥ってしまう。

竹本は、教授の庄田(松重豊)にこの一件で絞られる。森田は、そんな竹本のことなどお構いなしで、元気になってもらいたいときにやるポーズだ、などと言ってはぐみに「コマネチ」を教えていた。しかも森田は、竹本が楽しみにしていた商店街の福引きまで、勝手にやってきてしまったらしい。花本(村上淳)は、すっかり落ち込んでしまった竹本に、はぐみをホームセンターまで案内してほしい、と頼む。

はぐみが買おうとしていたのは、漬物石だった。が、ホームセンターでは売っていないのだという。その帰り、はぐみと竹本は、ゲームセンターに立ち寄った。ゲームセンターに入ったことがないはぐみが興味を示したからだった。そこで楽しいひと時を過ごすふたり。竹本は、クレーンゲームに挑戦し、はぐみが気に入ったというアクセサリーを取ろうとした。しかし、全財産をはたいてゲットしたのは、安っぽいおもちゃの指輪だけだった。はぐみは、竹本からそれを受け取ると、ダメでも頑張った人には幸せの小さなおまけがついてくる、と言って微笑んだ。

同じころ、森田は花本の研究室にいた。森田は、商店街で行われている福引きの抽選券の贋作作りをしていた。あゆみ(原田夏希)の父で、商店街の自治会長でもある大五郎(泉谷しげる)は、そんな森田の行動を見越して、精巧な抽選券を作り上げていた。しかもことしは、抽選券の裏に、あゆみが制作したスタンプが押してあるのだという。あゆみは、そのスタンプまで作ろうとする森田を止めようとする。ふたりがもみ合っていると、書類が山積みにされた花本のデスクから写真立てが落ちた。そこには、花本と理花(瀬戸朝香)が見知らぬ男性と一緒にいる写真が入っていた。真山が理花に恋していることを知るあゆみは、複雑な思いでその写真を見つめていた。

真山は、理花のデザイン事務所にいた。真山が理花の事務所でアルバイトをするのはこの日が最後だった。真山は、給料はいらないから明日からも働かせてほしい、と理花に訴えた。理花は、そんな真山の言葉をさえぎろうとした。すると真山は、「ボクではあの人には勝てませんか?」と言ってしまう。理花は、その問いかけには答えずに、ただ「ごめんなさい」と謝った。

ショックを引きずりながら理花の事務所を後にした真山は、最後の仕事として、藤原デザイン事務所まで届け物にいく。真山が理花の元を辞めると知った美和子(滝沢沙織)は、うちで働かないか、と彼を誘った。それを聞いていたデザイナーの野宮(柏原崇)は、ただ理花のそばにいたいだけで働いているような人間は戦力にならない、と言い放つ。

はぐみが作業部屋で絵を描いていると、そこにあゆみがやってきた。あゆみは、絵を描くのを止めたいと思ったことはないのか、とはぐみに問いかけた。するとはぐみは、1度も止めたいと思ったことはない、と答える。「本当に好きって、そういうことなんだろうね…」。あゆみは、自分に言い聞かせるようにそうつぶやいた。

その夜、アパートに戻った竹本は、母親から届いた荷物の中に漬物石が入っていることに気づき、大喜びする。そこに、森田が現れ、ローマイヤ先輩(木村祐一)が帰ってきたことを告げた。

真山の部屋に集まった竹本たちは、ローマイヤを囲んだ。昨年、特賞を引き当てたローマイヤに、福引きの極意を聞く森田。するとローマイヤは、欲を出したら当たらない気がする、などと答える。

あくる日、森田は、自作の福引き券を持って商店街を訪れる。が、大五郎たちは、それが贋作であることをあっさり見破る。実は、あゆみが作ったというスタンプは、本物の福引き券には押されていなかったのだ。

一方、竹本は、漬物石を持って研究室を訪れる。そこには、はぐみとあゆみがいた。が、竹本がはぐみに声をかけようとしたそのとき、花本が立派な彫刻がかたどってある漬物石をはぐみに手渡してしまう。その際、あゆみは、花本から、真山がアルバイトをクビになったことを教えられる。あゆみは、思い切って花本に理花のことを尋ねた。そこであゆみは、理花が結婚していたこと、そして彼女の夫が他界していることを聞かされて驚く。

あゆみは、中庭のベンチに寝そべっている真山のもとに向かうと、理花のことは諦めるよう彼に忠告する。この世にいない人と張り合っても勝てない、というのだ。しかし真山は、そんなことはわかっている、と返すと、もう自分にはかまうな、とあゆみに告げる。

展示ロビーに飾ってあるはぐみの絵を見ていた竹本は、美術商の寺登(前川泰之)に声をかけられる。寺登は、森田を探していた。寺登が、大量のフルーツなどを商店街で購入したことを知った竹本は、福引き券をもらわなかったか、と彼に尋ねた。すると寺登は、大量の福引き券を取り出し、捨てておいてほしい、と言って竹本に手渡す。そこに現れた森田は、竹本から福引き券を奪い取ると、はぐみ、竹本、あゆみ、真山を引き連れて、商店街へと向かった。

森田と大五郎がにらみ合っていると、その間を割って、特賞を引き当てたローマイヤが、賞品の自動車を運転して通り過ぎた。森田は、残りの賞品を狙って抽選したが、すべてはずれ。当たったのは、最後の1回にはぐみが引いた5等の浮き輪セットだけだった。それを見た竹本は、みんなで海に行こう、と提案する。はぐみが、まだ海を見たことがない、と言っていたからだった。

あくる日、はぐみたち5人は、ローマイヤから車を借りて海へと向かった。そのとき、はぐみがゲームセンターでゲットした指輪をしていることに気づいた竹本は、胸の高鳴りを覚えていた。

5人は、季節はずれの海で子どものようにはしゃいだ。やがて日が暮れた。飲みすぎて酔ってしまったあゆみは、堤防の上で横になっていた。迎えにきた真山は、あゆみに背を向けて、おぶってやる、と告げた。恥ずかしさを隠しながら、真山の背中に乗るあゆみ。歩き始めた真山につかまりながら「真山のアホ…」と悪態をついていたあゆみは、気持ちの昂ぶりを抑えられず、彼に好きだと言ってしまう。真山の背中に顔を押し付けながら、何度も「好き」と続けるあゆみ。真山は、その度にただ「うん」と答えた。

同じころ、はぐみは、竹本からもらった指輪を無くしてしまったことに気づく。竹本と森田は、砂の上を必死に探した。

しばらくして、はぐみを呼んだ森田は、空き瓶の先の部分をはぐみの指にはめた。その指輪に、水の入った空き瓶をつかって月の明かりを反射させる森田。はぐみは、その美しさに目を奪われていた。そこに、指輪を見つけた竹本がやってきた。が、次の瞬間、森田ははぐみに顔を近づけると、いきなりキスをして…。


テレビドラマ視聴率ランキング トップページへ

ハチミツとクローバー 第1話 視聴率

テレビドラマ ハチミツとクローバー 第1話 視聴率

視聴率 = 12.9%

1/8(火)放映の第1話の視聴率です。初回視聴率だけ見ると2000年以降の火9ではワースト5位という残念な結果に…。ちなみにワースト1位 11.0%「ダンドリ」、2位11.4%「役者魂」、3位12.5%「今週妻が浮気します」、4位12.6%「編集王」。なんとか今後に望みをつなぎたいところだが…。


テレビドラマ ハチミツとクローバー 第1話 『春、恋におちた瞬間』 あらすじ

花本はぐみ(成海璃子)は、浜田山美術大学の油絵科に入学するために長野から上京してきた。

芸術に関しては飛びぬけた才能を持つはぐみは、
すでに新進芸術家として注目されていたが、極度の人見知りで、極めて繊細な女の子だった。

4月になって、キャンパスの中庭にある池のほとりで、建築科3年の竹本祐太(生田斗真)は、はぐみの姿を見かける。

しゃがみ込み水面に浮かぶ桜の花びらを見ていたはぐみに、一目ぼれしてしまう竹本…。

しかしそこに、彫刻科7年生!で大学一の変人・森田忍(成宮寛貴)、建築科4年の真山巧(向井理)がやってきて、無理矢理竹本を連れ去る。
3人は、同じアパートの住人で、大の仲良しなのだった。
森田たちは、山岳部が新入生勧誘のために出したブースに出向く。

このとき、森田たちのお目当ては、山岳部が新入生に無料配布している名物の“山岳カレー”。
そして竹本は、森田に命じられるまま、新入生のふりをしてその列に並ぶが、途中で竹本の正体がバレ、山岳部員たちに追い返される羽目に。

それでも諦めない3人は、部員を装って山岳部の部室に侵入し、森田が用意していた皿にカレーを盛る。

が、しかし、竹本たちがカレーを食べようとしたその瞬間、陶芸科4年の山田あゆみ(原田夏希)が現れ、3人を怒鳴りつける。
なんと、森田が用意した皿は、あゆみが校内展に出品した作品だった…。

騒ぎの中、竹本は、准教授の花本修司(村上淳)から校内放送で呼び出しを受けた。

竹本の名前が書かれた荷車が坂道を暴走し、停めてあった花本の自転車を壊してしまったらしいのだ。森田らと花本の研究室に向かった竹本は、荷車に竹本の名前を書いたのも、坂の上に放置したのも森田たちだと主張する。

このとき突然、隣の作業部屋で大きな物音が…。
竹本たちが作業部屋をのぞくと、なんと、はぐみが塗料まみれになって床に倒れていた!


テレビドラマ視聴率ランキング トップページへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。